·   · 38 posts
  •  · 55 friends
  •  · 60 followers

振り込め詐欺とか、いろんな詐欺事件。

2020年6月13日(SAT) 03:31 記


さて、吾輩はバイク便を営んでおります。

つっても、自分1人でやってるんで、そんな件数を回すのではなく、ホント趣味レベルです。w


で、おかしな刑事と言うドラマを見ておりまして。

振り込め詐欺の摘発から始まったのを見て、そいやー巻き込まれたこと何回かあるなーとか思い出したので、こっそり書いてみました。


2件くらいあったかな。

1件目は、個人宅から会社に書類をと言う依頼。快諾して受け取りに行ったら。

普通だと玄関先とか、門で、「ハイヨ。」で終わるんですけど、玄関に通されまして。

何だろとか思ってると居間に通されまして。w

え?何何?

とか思ってたら、ワラワラと人が出てきまして。

「詐欺事件の容疑がある。お前は犯人側なのか。」

と簡潔に言うとそんな話です。ww

わーお。

とか思ったんですけども、まぁ身分証は免許しかなく、開業してると言っても大々的な大手のバイク便とは違ってちんまりやってるもんですから、なかなか信用していただけなかったんですけどね。

まぁ、新規のお客様だったのもあり、好きなだけ調べてくださぁいってお茶いただいたりしまして。

こういう詐欺には、名の知れてないバイク便は良くご利用されます。はい。

悪い意味で利用されてしまいます。w


で、根掘りは掘り聞かれまして、ご依頼人はどうもこの個人宅ではなくて、お届け先だったご様子。

まぁ実際着払いだったんで、そんな気はしてましたけども、これは普段でもあることでありまして。

時間はかかったようですけども犯人側ではないということをわかっていただきまして、犯人摘発の手伝いを要請されましてね。

手渡されたブツは、箱てっしゅにマッキーで、「お金」と書いてありまして。wwwww

今でも笑っちゃうww

箱てっしゅにwwwww

どうやって行くのかの道順の説明、配送先の住所、限界の時間は何時なのか、を細かく聞かれまして。

うん、限界時間そこで聞くの遅いよね。

配送先の住所は、さすがに個人情報の概念からゴニョゴニョするしかなかったんですが、まぁ走行ルートは問題ないだろうと説明して、自分の後ろをついてくると言うんですよ。。。w

車がバイクの後ろをかー。。。と思ったんですけども。。。

これ以上時間かかるのも、相手に怪しまれるわけで。

で、しゃーないので、走行ルートに加えて、はぐれたとき渋滞にはまった場合はすり抜けしまくるんで、要所要所の交差点をお伝えして、いつもの配送をしまして。

お届け先は、ちょっとこう何て言うか、陰のあるビルでして。

エレベータもない、いわゆる雑居ビルですね。

で、そしたらさ。

ついてきた人たちがさ、いやそこ無理でしょ。ってとこに隠れたつもりになってて。w

ドラマみたいなこと、ホントあるんだなぁとか思って、ビルの中に入りまして、お届けをしてドアが閉まる前に、ついてきた方々がドワーっと押しかけてきて、ワーワーと大乱闘。

ドアの外で見てましたけども、ホントドラマみたいでした。

そのあと、自分は無罪放免、むしろ協力に感謝するので警察署に出頭してくださいとか言われる始末。

警察署、好きじゃないんでお断りしましたけども。


で、2件目は、個人宅から会社への配送で、お支払が個人宅でした。

はいはーいって受け取りに行ったら、また玄関の中に入れられてドア閉められて。ww

ここでは、玄関先でやりとりしたんですけどね。

どうも、詐欺を疑いつつも、本当だったら困ると思って、警察とバイク便に連絡をしてたそうで、ご本人とお連れ様が玄関で待機されておりまして。

で、ここでも箱てっしゅに、お金って書いてあるのを茶封筒に入れて、あなたの指紋を付けない様にと言われたので、バイクで使ってるグローブを着用して受け取りまして、送料についてはお断りしました。

何か事件でも、本当に急を要する荷物だった場合でも、損はしますけど相手方に問題が起きないだろうと思いましてね。

で、お届け先行くと、すでに張り込まれておりました。w

だから、どうしてそれで隠れたことになってるのか教えてくれ。って言うところに何で隠れてるんですかね。

しかも、問題視されてるところもなんでか気づかない。

この辺が共通して面白いなと勝手に思っちゃいました。

不謹慎ですけども。


他にも、神奈川の港から大阪までお届けの、葉っぱが詰まってそうな書類と言い張られた封筒とか。

受取先は忘れちゃうくらい衝撃だった配送先の入口にあったでかい虎の屏風とか。

ちっさな小箱で、小さな部品だって言われたんですけどね。

ちょっと振ってみると、「カチッカチッ」て言うんです。重さも結構あって。

ご時世的に、あーアレかなーみたいな妄想をしましたけども、配送先が某事務所でございまして。

緊張しましたねー。。。w

でも入口の人は、人当たりの良い人だったんですけどね。

中に入ると、これもまたドラマかと思うほど人相がお悪くいらっしゃいました。

こりゃー運び屋させられちゃったわーと思ったけど、通常料金だけいただきました。

でっかい封筒も渡されそうになったけど。w

でっかい封筒貰っちゃうと、何かあったときこっちも困ることになるのは明白なので、丁重にお断りしました。

部品を配送しただけですので、通常料金以外はいただけませんってね。


面白い配送話はこんなもんでしょうか。

過去のお話ですでに時効だと思うので、書いてみました。w

今ではもっと狡猾なんでしょうけども、昔のバイク便はなんでも運びます屋でもありましたから、まぁいろんな経験はいたしましたネ。


目の前で事故られて、救命処置を施して、救急隊員が到着したら任せて配送に戻るとか。w

いやはや。

振り返ってみると、色々あるもんですネ。

0 0 0 0 0 0
  • 46
Comments (0)
Info
Category:
Created:
Updated: