音色くらぶ

  • 654
Info
Group Name:
音色くらぶ

音色くらぶ』は、

長野県松本圏域で「環境・健康・福祉」をメインとして活動する無償ボランティアサークルです。

障害のある方々の参加もありますので広告等がなく安心して利用ができる、

@meetさんのこのグループを拠点として情報を発信してゆきます。

弱視対応点字名刺や、

お話し名刺カード💳や印刷物のお問い合わせは、『あとりえ音色』

neiro.link@gmail.com  へお問い合わせ下さい。


音色くらぶネットリンク

ホームページ

@meet

note.mu

Facebook

Twitter

MeWe

       

Administrators

みなさま、お友達申請やグループへのご参加ありがとうございます😊

様々に、こちらの@meet様を利用させて頂きこうとネットを再構築中ですが不慣れなゆえ、なかなか進捗しません。

今しばらくお時間を頂きたいと思いますが、よろしくお願いします。

ペコリ❣️


  • 104

今日、医療機関の方に役所の方、包括さんやオンブズマンの方などと、様々な障害や高齢者、子供や病気の方や外国人の方など、

分野などを分け隔てせず、災害時の避難誘導まで含めた、トータルに学ぶガーディアン(保護)チームの結成とマニュアル制作が必要と話しあった。

亡くなった、井上強一先生の話もまとめなきゃならないし。

切り開いてくれた人たちに感謝して、

biblle(ビブル)なども取り入るプログラムを作ってみよう。

ネットリンク

note.mu  https://note.mu/neiroclub

@meet  https://at-meet.com/page/view-persons-profile?id=74

FB  https://m.facebook.com/neiroclub/?ref=bookmarks

TW  https://mobile.twitter.com/neiroclub

MeWe  https://mewe.com/group/5d122a058fa5ae7a5dfb97c7

  • 395

山越クンが活躍する❣️ 長野県 台風災害と地域の連携。特別協力で薬剤師さんが参加🤝‼️

11月に松本市の埋橋(うずはし)地区で、毎月行われている「ふれあいいきいきサロン」が開催される。

当日は、市の高齢福祉課? と県の健康福祉課の職員さんと、報道さんもお見えになられる予定です。

以前からスケジュールや内容も決まっていたのですが、山越クンが、

山越 教順堂治療院の院長

として、災害時の避難所生活で問題になる、
動かない事による、脚の血管に血栓ができたものが肺の動脈に飛んで詰まり、時には死に直結する、

エコノミー(クラス)症候群

の、防止用のセルフマッサージの講習なども行う予定にしていました。

で、実はコレ、私が願っていた夢なんです。

何故かというと、今から20年ほど前に、お袋が突然に痛い苦しいと言って動かなくなり慌てて病院へ行ったけれど、
誰も何も分からなかったのですが、このいわゆるエコノミークラス症候群の【肺梗塞】だったのですが、
エコノミークラス症候群というのは、それからしばらくして新聞で見たのです。

院長回診の時に、珍しい症例としてインターンの若者を連れて見にきました。

その時に、肺が専門の先生だったから発見できたと言っていました。
その時に、看護婦長さん達も、肺梗塞なんて言葉自体を知らずに質問をしていた事と、母親に早く退院しろと迫っていたので、退院をさせてもいいですか? と主治医に言ったところ、誰がそんな事を言ったのか?と大騒ぎになりました。

要するに、その少し前までは、

突然、胸の痛みを訴えて、原因不明で亡くなっていたのがほとんどだったのだと思います。
だから、亡くなったお袋の供養にもなるであろうという思いもあるのか? この事は以前からやりたい講演会の一つでした。
やっと、夢と願いが一つ叶います✌️☺️👍


そんな時に、

この台風の影響で、松本の隣接市町村で大規模な水害が発生しました。
そんな折、自分達の健康状態をチェックすることも必要と思っていたところでお誘いを頂き、救急救命センターのある大病院の相澤病院の真っ正面にある、

さくら薬局🌸さんの

健康無料チェックへ行ってきました。


実は、それが雨☔️がパラパラし始めた頃だったのですが、

多分、ご近所のお年寄りだと思うのですが、満員でした〜😳


多分、土曜休日にスタッフが総出だったのだと思うのですが、大忙しで対応していました。


かなりの待ち時間(本当はそんなに時間がかからないのですが、お年寄りが話しをしたくて全然まえに進みません😅)で、立ち話をしていると、
今回の周辺の避難所へ応援に行っている話しから、それ歩いて100メートルほどだし今度の いきいきふれあいサロンで話してもらえないかなぁ〜と何気なく言ったところ、気軽にイイですよ〜! との言葉を頂きました。

とにかく、

知り合いも応援に行っているから話しを耳にしますが、
看護師さんたちですら、徹夜でやっていると直接聞いている状態です。

以前から思っていたのですが、

災害などの緊急時に何でもかんでも、お医者さんではなく、
その前に、こうした薬剤師さんなども含めて知識を活かして、様子をみるべきかなどを判断する事で、本当に必要な人を優先することも必要だと思うのです(医師法や薬事法などの問題は考えずに発信してます)。

しかし、

こうして視覚障害者の方の応援を、山越クンとしている事で驚いたのですが、
さくら薬局🌸さんでやってもらった検査で、目の見え方検査をしてもらったところ、
自分でも時々、脳卒中かと怖くなる急な目まいとか、そんな時にただ不安になるより、物が歪んで見えるなどのこんなチェックがあれば、判断がしやすいのでは? などと思ったわけですよ〜。
ちょうど去年の今頃もかかりつけの内科の先生なども原因が分からずに困っていたところ、薬剤師の知り合いの先生が気がついてくれて、専門科を受診して原因を発見できた経験もあったからなんですけどね〜。


で、今度の ふれあいいきいきサロンでは、地元の薬局の薬剤師先生が参加してくれるということで、
地域連携と防災活動に、薬剤師さんとも連動してという、さらにパワーアップしてお届けをできるようになりました〜✌️😊👍

音色くらぶネットリンク

ホームページ

@meet

note.mu

Facebook

Twitter

MeWe

  • 316